一般的な浄水器との違いは何ですか?


日本の浄水器には様々なタイプがありますが、そのほとんどが塩素と臭みをとるために使用されています。

逆浸透膜浄水器は化学の粋を集め、化学物質を取り除くために開発された進化型の浄水器です。

0.0001ミクロンの細孔によりほとんどの不純物は分離されますので、それまでの浄水器では除去できなかった放射性物質、塩分、農薬、重金属までもカットし、限りなく安全な水を作り出すことが可能になりました。